メディア迷宮探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 宣伝会議『Internet Marketing & Creative Forum 2010』

<<   作成日時 : 2010/06/02 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、宣伝会議の『Internet Marketing & Creative Forum 2010』に参加してきました。

全体のテーマは、マーケティングROI、モバイルマーケティング、ソーシャルメディアマーケティングでした。
今回は、主にソーシャルマーケティングを中心に講演を聴いてきました。本当ならIMCとか戦略PR的な話もききたかったのですが、今回のフォーラムではあまり取り上げられていませんでしたね。

ツイッターの実況は、#sendenkaigiIF2000 #sendenkaigiIF2010 で確認できます。


9時から18時まで講演を聞いたことでわかったこと(特にエイベックス研究所の武田さん、ブログウォッチャーの羽野さん、トライバルメディアハウスの池田さんの話から)

1.PaidMedia、OwnedMedia、SocialMediaを組み合わせたトリプルメディアが注目されている。特に自社メディア(OwnedMedia)とソーシャルメディアを組み合わせたポジションの確立に企業が乗り出してきた。

コカコーラパークは、PaidMediaから集客していた自社メディアだったがすでに会員800万人をこえるメディアに成長。マクドナルドの得するケータイクーポンも1700万人。もう立派なPaidMediaに匹敵する媒体になっている。
そういった意味で中途半端な媒体はどんどん淘汰されていく。

2.ソーシャルメディアはコントロールできない。しかし、味方につけることは出来る。ただし長期的なユーザとのコミュニケーションを覚悟する必要がある。特にソーシャルメディアとソーシャルマーケティングは別物であるといういしきでいないと、大けがする。

ソーシャルメディアにお金を払って記事を書いてもらうというのは、やめるべき。だそうです。

3.商品購入の意志決定としてネットのクチコミが重視されている。日本では、38%がレビューを読むそうで、世界でもこの数字は高い。これは、「(購入することの正当性など)信じたい物語を探す」という無意識が働いているためだそうです。結局、AIDMAのIとDの間の壁がインターネットによって効かなくなったので、広告効果が落ちてきた。

結局、CGMメディアとの関係を無視できなくなってきた。大手企業は、自社サイトオンメディア化に取り組み始めてきた。

4.この世は情報があふれかえっている。むやみにソーシャルメディアで記事やクチコミを書いてもらっても読んでもらえない。さらに、オリジナルなコンテンツを書いて集客するというのもROIの観点でペイせず企業は撤退している。効果的なのは、クチコミを集め、企業の意図にあった物をピックアップして使うべきとの話。

媒体側の理論で行けば、ページを増やし、クチコミを増やすのが媒体成長につながるという考えがあったので、確かに新鮮でした。

個人的な所感として、自社媒体をソーシャルメディア化するのはさすがにノウハウが必要となりそうです。そのノウハウを含めたASPのテクノロジー導入するかいしゃがあるのか?ユーザインサイトを踏まえたソーシャルメディア企画は誰がやるのか?など敷居は高そう。そういったニーズがあるのか、果たして成功できるのかはまだわかりません。

最近の流行の仕掛けとして戦略PRがあるが、ソーシャルメディアマーケティングとは別のトレンドのような気がしている。IMCも同様。そことソーシャルメディアマーケティング、トリプルメディアの動向が今後のインターネットマーケティングのトレンドとなりそうです。

エイベック研究所の講演については、こちらの記事がよくまとまっています。
「Internet Marketing & Creative Forum」の『200社の事例が語るソーシャルメディアの天国と地獄』を聞いてきました


ソーシャルマーケティングを理解するにはまず次の本(グランズウェル)を読むべし。(私はまだ読み途中)


グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business School Press)
翔泳社
シャーリーン・リー

ユーザレビュー:
こうやってレビューを ...
WEBマーケティング ...
お客様は神様です。読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



トライバルメディアハウスの池田さんが書いた「キズナのマーケティング」。すごくよく書いてあります。何度も読み返してもすべてを理解しきれないのがもどかしい。今回、名刺交換すると本をプレゼントするという太っ腹なことをしていました。実際に、社長による講演や出版は自社の知名度を上げるための販促ツールという話なのでその実践もしているということでもありますね。



キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代 (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
池田 紀行

ユーザレビュー:
現状を把握するのに良 ...
その次は・・・?タイ ...
ただの説明書。ソーシ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宣伝会議『Internet Marketing & Creative Forum 2010』 メディア迷宮探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる