メディア迷宮探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 差別化戦略の落とし穴について

<<   作成日時 : 2011/01/05 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年読んだ本で、社内で話題になったのが、「マーケティングは他社の強みを捨てることからはじまる」という本です。





いままで、様々な企画を見てきた私ですが、何故後追いのサービスが勝てないのか?という説明をこれほど的確にしてくれている本は今までに見たことがありません。

間違った差異化戦略の考えとして、著者は次のように断言しています。

商品の「利点」とはすなわち、その商品の「魂」だ。その商品のすべてだといっても過言ではない。


たしかに、最初のコンセプトの商品やサービスは、ニュースなどにも大きく取り上げられますが、二番目の商品に関しては、なかなか取り上げてもらえません。

誰もが考えている以上に顧客はこの「魂」を重視する。その商品には「魂」があるかどうかを見抜くことができる。
利点の向上、欠点の改善や付加価値に対する顧客の評価は、あなたが考えている以上にずっと低いのだ。


よく、企画の場で星取り表みたいなグラフを出して、これから出す自社製品は全て○で他社の既存製品は×や△が並んでいるというスライドをよく見ます。著者のいう魂の価値はこれら星取り表の×をいくら○にしても埋まらない。ユーザにとってはどうでも良い尺度なんですよね。

これを筆頭に、様々なマーケティングに対する常識について、「疑え!」と作者は言っています。

目次を見ると一目瞭然です。

プロローグ
1章 マーケティングの常識を疑え!
1 「マーケティングの日本語訳」を疑え!
2 「ビジネス戦争論」を疑え!
3 「差別化戦略」を疑え!
4 「顧客至上主義」を疑え!
5 「価格戦略」を疑え!
6 「アイドマの法則」を疑え!

2章 マーケティング戦略を疑え
7 「顧客ニーズ」を疑え
8 「マーケティングリサーチ」を疑え!
9 「SWOT分析」を疑え!
10 「ターゲティング」を疑え!
11 「高付加価値戦略」を疑え!

3章 ヒット商品を生み出す3ステップ法!
12 独自性の高い商品を作れ!
13 3ステップ法
14 バラバラに分解する
15 基本機能を変える
16 今あるものからヒット商品を生み出す

4章 マーケティング戦略のまとめ方
17 マーケティング戦略のまとめ方!
18 「マーケティング・ミックス」を疑え!

エピローグ

半分以上のセクションで「疑え!」の文字がタイトルについています。そういった意味ではマーケティングの理論は学んだのだけどうまくいかないと悩んでいる我々に救いの手をさしのべてくれる本と言っても過言ではないと思います。

さらに3章以降では、ヒットするサービスの考え方やツールなども紹介してあり、これらを試してみるのも興味深いです。トータルで見ると隠れたヒット本だと思います。おすすめです。


当社の製品やサービスも後追いではなく、きっちりと魂のこもったものであるように努力していきたいですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
差別化戦略の落とし穴について メディア迷宮探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる