メディア迷宮探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS グラスホッパー 小説、映画レビュー

<<   作成日時 : 2016/09/11 18:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

伊坂幸太郎さんのグラスホッパー

小説は幻覚と現実の交差した世界でどこが現実なのか読者に想像させる楽しさを提供してくれるサスペンス小説。一方で、映画は、小説の流れを周到しつつ、物語をうまく終息させたアクションサスペンス映画となっています。




小説は、さすがに伊坂幸太郎という内容。たくさんの布石をばらまきながら最後にうまく回収する。しかも、今回のグラスホッパーに関しては、布石自体が幻覚の描写であり、最後にその幻覚をみせることで、読者に物語の結末をいくつか想像させるという試みをしています。実際に今回の結論については、断定的な書き込みも多いと思いますが、実際には、読者に任せるような感じで終わらせています。

出てくる人物がそれぞれ個性的。特に、「鈴木」「鯨」「蝉」の3人の視点で小説が語られる話の展開や特殊能力者が普通の世界に入り込み幻覚の正解と入り混じる話の展開は、まるで村上春樹のサスペンス版みたいです。

殺人と幻覚、これがやはりこの小説のキーワード。鯨自体は人を自殺させる能力を持っているが、一方で、殺した人間の幻覚に苛まれてしまう。一方で、妻に先立たれた田中は、復讐を考えているが、虫も殺せない優しい男。
戦闘能力が高いナイフ使いの蝉は岩西と口喧嘩し、独立したいと考えているが、お互いが必要としているということに気づいていない。

こういった長所と弱みをうまく対立的なところに配置し、彼らの行動をうまく説明してくれています。

この、幻覚と設定に気を使いつつ読み進めると面白さが格段に上がると思います。

実は、続編のマリアビートルでは、鈴木もちょい役で出ているのですが、その際に特殊能力というべき力が出現します。その能力が「神父」とよばれるもの。だれもが鈴木の前では、隠し事ができずに真実を話してしまう。

一方で、映画のほうは、原作どおりにことは進むのですが、バイオレンスシーンに力を入れて、原作がもつ不思議な世界観は全く省略していて、小説を読んだ後で見るのはちょっと辛いかもしれませんね。商業的にみるとしょうがないのかもしれませんね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グラスホッパー 小説、映画レビュー メディア迷宮探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる