スーサイド・スクワッド かわいいハーレクインを見るための映画

Amazon Prime Videoで11月の上旬に期間限定で100円配信していたので、思わず見てしまいました。アメコミ系のサイドストーリー的な位置づけの本編ですが、まあ、勧善懲悪ものというより、悪に対して悪人で対応するというまあ、よくありがちな設定です。想定としては悪のスーパーマンが地球に来た時のカウンターとして用意したという立て付け。

画像



この手の映画にありがちなんですが、集めた悪人の中で最も凶悪なものが自由になって、というストーリーで、これが、ハンナプトラぽい古代の悪の女王というわけ。心臓を持っているからコントロールできるという話だったんですが、任務中に古代の女王の弟が復活して、人類を滅ぼすという話になるわけ。

この映画、何といってもマーゴット・ロビー扮するハーレクインが魅力的で、かわいい。本当に彼女がいなければB級以下の映画に成り下がっていたといっても過言ではないです。

ハーレクインはもともと精神科医で、ジョーカーが刑務所に捕まった時にカウンセラーとして入ったんですが、逆にジョーカーに精神的に付け込まれ、ジョーカーのとりこになって、脱獄させてしまう。その後、ジョカーから脳をいじられ、ジョーカー好みの常識外れのアバズレ女になったというわけ。

まあ、この映画で、マーゴットでハーレクインのスピンオフ映画を作ることが決まったらしい。それも当然かもね。



最近はマーベルの映画が大量生産されて、ちょっと食傷気味でしたが、ハーレクインの新作は見てみたいな。



レビューは、★★★★☆

Amazon Primeに入れば、いろいろな映画が無料で見れます(2017年12月現在、入れ替えがありますので、入会前に確認することをお勧めします)。最新の映画も、今回のように期間限定で100円で見られるので、要チェックです。PrimeだとAmazon の送料無料ですし、洋楽が充実しているAmazon Musicも無料で聞けます。

 

FireStickがあれば、Amazon PrimeVideoを自宅のTVで見れます(Prime会員に入るのとWifi環境が必須です)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック