メディア迷宮探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 不幸袋が売れるわけ

<<   作成日時 : 2012/01/11 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PCパーツをネットで買うようになってから、全く秋葉原に行くことが無くなったんですが、

正月のアキバで「福袋」ならぬ「不幸袋」なるものが発売されていたそうです。

2012年にもじって2012円。中味は、全く役に立たないもの。

http://gigazine.net/news/20111230-unhappy-bag-clevery/

不要品ばかりだと、不幸ですよね。→これで厄落としになる

という理論で販売しているらしく、本来なら100円でも買わないようなものを、

2000円も払って皆さん買うわけです。

不幸袋を買う理由ですが、アキバユーザが縁起を担ぐとはとうてい思えません。

どう見ても、買った内容をブログやTwitterなどのソーシャルメディアで広げていて

ネタとして使っているみたいです。

その証拠に不幸袋の中味をブログでアップしている人の多いこと。


つまり、ネタになるものならお金を払うという消費行動が見え隠れしている感じがします。

もう一つ、1/10のネプ&イモトの世界番付!新春スペシャルで

「ほっぺにキスして下さい!と書いた紙を持って立っている美女に
何人がキスをするのか世界各国で大検証!」

というのをやっていたんですが、これ美女が「私のほっぺにキスして」という

かんばんをもって1時間人通りの多いところに立って何人がキスをするか?

という比較でした。

結果は、イタリア>アメリカ>日本>インドネシア>韓国

イタリアがぶっちぎりの1位で20人オーバー、2位がアメリカの11人、3位が日本の7人
って順番でしたが、特徴だったのは日本の行動。

キスもせずに女の子の写真を撮っている人がいたのですが、その理由として

「Twitterにアップしてネタにした」。というもの。

結局ネタになったり、ゲーム的な感覚で参加したりとキスする理由が成り立つと

行動に起こすみたいです。友達と賭けしてキスした男の子は、友達と賭けしてたので

キスが出来た。一人だと無理と話していました。

つまり、ネタとなるものを探し、そのネタのためにお金を出すとか通常しないような行動も

行うというということがあるって事ですね。

そういえば、昨年末にドラクエのスライム肉まんがまさに

ネタとしてぴったりの商品だったと思います。

キングスライムを作ってみたり

売り切れの肉まんケースに「スライムは全て退治されました」

などソーシャルメディアに大量に写真がアップされていました。

こういった意味で、「ネタ」に使えるというのが

ソーシャルマーケティングの今後のキーワードだと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不幸袋が売れるわけ メディア迷宮探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる