アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アプリ」のブログ記事

みんなの「アプリ」ブログ


Android アプリ画面キャプチャー方法

2010/03/09 01:36
すでに、たくさんのサイトでアンドロイドアプリキャプチャーの話が出ていますが、私もまとめてみました。

NTT Docomo HT-03、WindowsXPのケースです。

キャプチャーは、Android携帯をUSBケーブルでPCに接続し、PCのAndroid開発環境のモニターですることになります。
やることは、

1)Android SDK をダウンロードしてPCにインストール
2) HT-03の設定でUSB接続時にデバッグモードになるように変更
3)USBケーブルで接続して、ドライバーをインストール
4)ddmsを起動してキャプチャー

となります。手順を書いてみます。

1)Android SDKのインストール


まず、Android SDK は次のURLからダウンロードできます。

http://developer.android.com/sdk/index.html

画像


あとは、MyDocumentの適当なところにでも展開し、環境変数のパスをそのディレクトリに設定します。詳しくは、
Android開発環境のセットアップの記事でAndroid SDKのインストールを参考にしてください。

2)HT-03の設定でUSB接続時にデバッグモードになるように変更

まずは、アプリケーションの設定を起動。アプリケーションを選択

画像


次に開発を選択

画像


最後にUSBデバッグをクリック

画像


ダイアログが出ますが、OKを押して設定を閉じます。

3)USBケーブルで接続して、ドライバーをインストール
USBケーブルを接続すると、WindowsXPの場合、新しいデバイスが接続されましたと表示され、ドライバーのインストールダイアログが起動します。

まずは、ネットに接続せずに、指定したパスを選択。

ぱすは、先ほどインストールしたAndroid SDKのパスにあるandroid-sdk-windows\usb_driver
を指定します。

するとドライバーのインストールが開始されます。

ドライバーのインストールが終了したらいったんリブートをかけた方が良いです。リブートしないとddmsがAndroid端末を認識してくれません。

4)ddmsを起動してキャプチャー

アンドロイドSDKのパスを通していたら、ファイル名の実行または、コマンドプロンプトから ddms とタイプして実行します。

画像


ddmsのnameにあるdevice → Screen capture を選びます。
画像


するとDevice Screen captureが起動しますので、saveボタンを押せばキャプチャ画像をPNG形式で保存できます。copyを押せば、クリップボードにコピーしてくれます。

Refreshボタンを押せば最新の画面がリロードされます。

ということで、一度設定さえすれば簡単にキャプチャできるようになります。

高いですが、お薦めの開発本は、ASCIIのGoogle Androidプログラミング入門です。画面はMacっぽいです。


Google Androidプログラミング入門
アスキー・メディアワークス
江川 崇
ユーザレビュー:
よくまとまっている他 ...
非常に助かります。「 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ユーザレビュー:
入門から少し先へ進み ...
やっと出ましたね!や ...
入門書として十分の内 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


HT-03 アンドロイドのジョッギングアプリ JogTrackerを試してみた。

2010/03/07 01:50
画像
会社から支給されている携帯電話 HT-03 Googleフォンといわれている、対Apple iPhone対抗OSを搭載したDocomoのAndroid携帯です。どちらもUSのデバイスということで日本としては寂しい限りですが、そんなことは別として、せっかくのGPSがついている機能を楽しむのも良いかと思います。

さて、先週、今週の土曜日は、雨。雨。雨とせっかくのテニスが2週連続して中止になりました。一方で宴会などや残業続きで体に脂肪とストレスがたまりまくりです。ということで、今日の夕方、雨がやんだことで久々にジョギングすることにしました。

せっかく、ジョギングするなら、走った記録を残したい。そんな希望を叶えてくれるアプリがこのJogTracker。

走った時間、距離、そして走った経路を記録してくれます。
ということで、早速実験。

アプリを起動すると上部にSTARTボタン、下部にGoogleMapが表示されます。起動するとGPSで現在地を表示してくれるまで待ちます。そして、STARTをクリックした後は、時間が計測されます。あとは、ポケットに携帯を入れておくだけ。走っている間にGPSが場所を記録してくれます。当然タイムも記録。走っている間、地図(GoogleMap)に描画されるのは、結構感動。

30分ほどで家に着きました。アプリ単独では保存ができないので、Jogtrackerに登録します。アプリから登録できますのですが、事前に登録してた方が良いですね。

画像


今回は、32分で4.6Km走ったことがわかります。Webサイトにもログを登録できます。Webサイトにログインすれば情報を見ることもできます。こちらの方が詳しく見れるようです。

下の画像は設定画面です。デフォルトはマイル表示なので、キロメートルに変更します。登録したID/PWを入れれば、アプリからjogTrackerに走ったログを自動アップロードしてくれます。

画像

サイトには、Friend機能があるらしいのですが、まだ試していません。ランニングのログをシェアできるのかもしれませんね。

画像


ということで、ランナーの方は是非おためしあれ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「アプリ」ブログ

メディア迷宮探検隊 アプリのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる