アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画レビュー」のブログ記事

みんなの「映画レビュー」ブログ


スーサイド・スクワッド かわいいハーレクインを見るための映画

2017/12/03 18:59
Amazon Prime Videoで11月の上旬に期間限定で100円配信していたので、思わず見てしまいました。アメコミ系のサイドストーリー的な位置づけの本編ですが、まあ、勧善懲悪ものというより、悪に対して悪人で対応するというまあ、よくありがちな設定です。想定としては悪のスーパーマンが地球に来た時のカウンターとして用意したという立て付け。

画像



この手の映画にありがちなんですが、集めた悪人の中で最も凶悪なものが自由になって、というストーリーで、これが、ハンナプトラぽい古代の悪の女王というわけ。心臓を持っているからコントロールできるという話だったんですが、任務中に古代の女王の弟が復活して、人類を滅ぼすという話になるわけ。

この映画、何といってもマーゴット・ロビー扮するハーレクインが魅力的で、かわいい。本当に彼女がいなければB級以下の映画に成り下がっていたといっても過言ではないです。

ハーレクインはもともと精神科医で、ジョーカーが刑務所に捕まった時にカウンセラーとして入ったんですが、逆にジョーカーに精神的に付け込まれ、ジョーカーのとりこになって、脱獄させてしまう。その後、ジョカーから脳をいじられ、ジョーカー好みの常識外れのアバズレ女になったというわけ。

まあ、この映画で、マーゴットでハーレクインのスピンオフ映画を作ることが決まったらしい。それも当然かもね。



最近はマーベルの映画が大量生産されて、ちょっと食傷気味でしたが、ハーレクインの新作は見てみたいな。



レビューは、★★★★☆

Amazon Primeに入れば、いろいろな映画が無料で見れます(2017年12月現在、入れ替えがありますので、入会前に確認することをお勧めします)。最新の映画も、今回のように期間限定で100円で見られるので、要チェックです。PrimeだとAmazon の送料無料ですし、洋楽が充実しているAmazon Musicも無料で聞けます。

 

FireStickがあれば、Amazon PrimeVideoを自宅のTVで見れます(Prime会員に入るのとWifi環境が必須です)。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Scoop! 以外に面白かった福山と二階堂のパパラッチ映画

2017/12/03 18:17
SCOOPがAmazonプライム・ビデオで無料配信してたので、見てみました。映画公開するもすぐにランキングから外れたので、あまり面白くないのかなと、時間つぶしにはいいかな。と思ってみてみたんですが、結構面白く見ることができました。

画像


まあ、ストーリーは、元凄腕カメラマンの都城静(福山)が過去いくつものスクープをものにしてきたが、芸能スキャンダル専門のパパラッチに成り下がり、うだつの上がらないカメラマンになってたのを、新人編集者の行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる、はじめはめんどくさがっていた静であるが、若い野火の影響でどんどんと大きなスクープをとるようになる。

パパラッチのノウハウとか逃げる場面でのドキドキ、野火と静の関係が徐々に良くなるという感じで、娯楽映画としては面白いなと思いました。



まあ、福山のイメージ払しょくごり押しとか、その前のドラマでこけたので、福山自体のブランドがというネットの書き込みもありましたが、そういう色眼鏡なしで、楽しめる映画かな。ある意味福山だからこんな下種なキャラクターがそんなに不快なく表現できているのかもしれない。これが、下種っぽい役者が演じたら見るに堪えられないだろうな。そういう意味では、家でカップルで見るのもいいかもしれない。ちょっとした濡れ場もあるので、いい感じな雰囲気にさせてくれるかもしれないね。

二階堂ふみの演技もしゃべり方が若干べたべたしてますが、表情や演技がわざとらしくなくてすごくいいです。最初は、きゃりぱみゅぱみゅ系のファッションで、芸能人にキャーキャー言っているキャラクター、そしてパパラッチの仕事を最低といいまくっている。それが、徐々に仕事の面白さにふれることで、最高の仕事とつい口にしてしまう。ファッションも目立たない色の服に代わり、パパラッチぽくなってきている。二人の関係の変化の演技もなかなか難しいと思いましたが、うまく演技している感じでした。

映画として最後はどういう風にまとめるのかなと思ってたのですが、なかなか予想外の展開で、そういう意味でも楽しめた映画ですね。

ちなみに、主演の名前である静と野火はドラえもんからきているのかな?(性別逆転ですけど)。

レビューは、★★★★☆

Amazon Primeに入れば、無料で見れます(2017年12月現在、入れ替えがありますので、入会前に確認することをお勧めします)。PrimeだとAmazon の送料無料ですし、洋楽が充実しているAmazon Musicも無料で聞けます。

 

FireStickがあれば、Amazon PrimeVideoを自宅のTVで見れます(Prime会員に入るのとWifi環境が必須です)。


Scoop DVDは3800円です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エクス・マキナ 感想

2017/05/04 22:51
小説家アレックス・ガーランドさんの監督デビュー作。AIのロボットを演じるのは、アリシア・ヴィキャンデル。ロボットの体の演技ですが、ロボットなのか人間なのかがわからない。素晴らしい演技でした。また、美人。今売れっ子で、コードネームU.N.C.L.E.やリリーのすべて、ジェイソンボーンにも出演し、2018年にはトゥームレイダーのララ役も予定されている、今ハリウッドで急成長株の若手女優さんです。

画像


今まで、AIが人間を超えるシンギュラリティを描いたサスペンスSF映画といえば、2001年宇宙の旅をjはじめとして、たーみ―ネーターなdいろいろとありますが、感情(特に恋愛感情)に重きを置いた本昨は、出演者も少なく、研究所のセットだけでいかにも低予算。昔のB級映画的なノリで作られた作品かなと思っていました。

しかし、アリシアのロボットの演技や研究所セットの最新鋭のセットやロボットの美術演出が非常に良く、たしかにアカデミー賞視覚効果賞を受賞した作品であるのもうなずけます。

ストーリーは、Googleを彷彿させる検索エンジンの会社で、社長であるネイサンと1週間過ごせる抽選に当たった、(童貞の)ケイレブが、山奥で一人で暮らすネイサンの研究所でAIロボットのチューリング・テスト(AIか人間かを判断するテスト)を行うことになった。

ケイレブは美人のロボット「エヴァ」のテストを開始する。体はわざとスケルトンのロボットとしてあり、感情移入をしないようにしているが、テストを続けているうちに高度なAIを持つエバァにどんどんひかれていくケイレブ、そして、エバァはケイレブにここから脱出させてほしいとお願いする。

基本、ケイレブとエバァとネイサンの3人による会話がほとんど、そこに英語が話せない、お手伝いのアジア女性キョウコの4人しか出てきません。シーンもほとんどがチューリングテストおよびケイレブとネイサンの実験に関する会話しかない。IT系に興味がない人にとっては、まさに退屈と判断される映画かなと思います。

そういうわけか、日本の公開もかなり遅れて、一部では、日本での上映がされないのではないかという話もありました。ただ、内容がバズるわけでもなく、さほどヒットせずにDVD化、およびレンタルされるようになったのが最近というわけです。



IT系の私からすると、セキュリティカードだけの入出管理はさすがにないだろうという突っ込みがありますが、美しい女性として男性を虜にさせていくエバァのしたたかさ、すべてをコントロールしているはずのネイサン。途中からこれは、ハッピーエンドにはならないなと予感させる展開で、サスペンスらしくどんでん返しが待っています。前半のおとなしい、セッションのシーンから、後半はかなりショッキングなシーンがどんどんと出てきます。

本編には触れていませんが、アリシア・ヴィキャンデルのヌードも堪能できる非常にお得なサスペンス映画です。
amazonレビューは以下からたどれます。

2017年5月現在で、Amazon Prime会員なら無料です。下のAmazonVideoのボタンからAmazonPrime会員になれますよ。Amazon TVスティックがあるとご家庭のテレビでもAmazonを閲覧できます。







エクス・マキナ (字幕版)
2016-11-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エクス・マキナ (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画 セッション 感想

2016/05/31 00:00
レンタルショップで評判がよかった映画「セッション」をみました。

ストーリーは、アメリカの一流音楽大学でうだつの上がらない、主人公アンドリューがドラムの才能を学校で一番権威のある最高の指揮者であるフレッチャーに見出され、彼のジャズバンドにスカウトされる。

ただ、フレッチャーは完ぺき主義のあまり、音程やリズム感が少しでもずれると、演奏を停止し、何度もやり直させる。そう、絶対君主のフレッチャーは、ある意味、パワハラ的な指導で有名だった。アンドリューは、2名のドラマーと競争させられて、プレッシャー、競争、厳しい指導でだんだんとメンタル的に追い込まれていく。第一演奏者になるべく、アンドリューも付き合いだした彼女と別れ、そして手の皮がむけるまで、ドラムにのめりこんでいく。

とにかく、指導シーンが緊迫感があって、手に汗握る。学生時代や新入社員時代に厳しい先生や先輩に指導された覚えがある人なら、この緊迫感は共感できると思う。できない自分が情けないのと、それを指摘されて無能扱いされる屈辱感が入り混じった感情と、周りが何も言えない中で、誰も救ってくれない孤立感。二度と味わいたくないですね。

この後、二人はあることを境にわかればなれになる。

そして、フレッチャーのもつれた感情がアンドリューをつぶそうとするが、アンドリューがそれをのり超える演奏をし続けることで、フレッチャーがのぞむ音楽の領域まで到達する。妥協なく高みに上り詰めた二人が過去のわだかまりを超えて喜びを共感する。物事を極めたものだけが味わえるこの境地が本当にかっこいいと感じられるそんな作品でした。



セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ギャガ
2015-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「映画レビュー」ブログ

メディア迷宮探検隊 映画レビューのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる