アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小説」のブログ記事

みんなの「小説」ブログ


グラスホッパー 小説、映画レビュー

2016/09/11 18:28
伊坂幸太郎さんのグラスホッパー

小説は幻覚と現実の交差した世界でどこが現実なのか読者に想像させる楽しさを提供してくれるサスペンス小説。一方で、映画は、小説の流れを周到しつつ、物語をうまく終息させたアクションサスペンス映画となっています。




小説は、さすがに伊坂幸太郎という内容。たくさんの布石をばらまきながら最後にうまく回収する。しかも、今回のグラスホッパーに関しては、布石自体が幻覚の描写であり、最後にその幻覚をみせることで、読者に物語の結末をいくつか想像させるという試みをしています。実際に今回の結論については、断定的な書き込みも多いと思いますが、実際には、読者に任せるような感じで終わらせています。

出てくる人物がそれぞれ個性的。特に、「鈴木」「鯨」「蝉」の3人の視点で小説が語られる話の展開や特殊能力者が普通の世界に入り込み幻覚の正解と入り混じる話の展開は、まるで村上春樹のサスペンス版みたいです。

殺人と幻覚、これがやはりこの小説のキーワード。鯨自体は人を自殺させる能力を持っているが、一方で、殺した人間の幻覚に苛まれてしまう。一方で、妻に先立たれた田中は、復讐を考えているが、虫も殺せない優しい男。
戦闘能力が高いナイフ使いの蝉は岩西と口喧嘩し、独立したいと考えているが、お互いが必要としているということに気づいていない。

こういった長所と弱みをうまく対立的なところに配置し、彼らの行動をうまく説明してくれています。

この、幻覚と設定に気を使いつつ読み進めると面白さが格段に上がると思います。

実は、続編のマリアビートルでは、鈴木もちょい役で出ているのですが、その際に特殊能力というべき力が出現します。その能力が「神父」とよばれるもの。だれもが鈴木の前では、隠し事ができずに真実を話してしまう。

一方で、映画のほうは、原作どおりにことは進むのですが、バイオレンスシーンに力を入れて、原作がもつ不思議な世界観は全く省略していて、小説を読んだ後で見るのはちょっと辛いかもしれませんね。商業的にみるとしょうがないのかもしれませんね。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1Q84 遅ればせながら読みました。Book 3も予約しました!

2010/02/13 19:13
村上春樹1Q84。2009年の話題をかっさらったベストセラーです。本自体が高いので購入をためらっていました。村上春樹の小説はかなりの数読んでいるはずなので(全てというとおそらく語弊があるだろう)、いつかは読まねばならないなと思ってはいたけど、1Q84の文庫本まで待っていたら、この本をネタにお酒で語らうことも難しくなっちゃう。
といっても、本を肴に酒飲む相手はかみさんしかいないけど、かみさん村上春樹が苦手なので、結局語らうこともできず。中途半端な状態で悶々と桐野夏生のダークとか読んで、どーんと暗くなったりしていました。ちなみにかみさん、ダークは暗いねといいながらさっさと読んでいました。当然1Q84は手つかずです。

ところが、年末に楽天ポイントが3,000ポイント程度たまっていることがわかったので、それじゃーということで、そのポイントを使って、2010年の読書用ということでBook1,Book2同時に購入しました。

本の内容は、現実の中にある非現実を描く村上春樹の王道を行くストーリー。今回は、パラレルワールドと言うべき1984年の世界から、何かのきっかけで月が二つある1Q84の世界にきてしまった。実際のところ主人公である青豆(女性)と天吾(男性)の世界は、1984と区別がつかない位同じ世界。ただ違うのは、月が2つあること。リトルピープルが陰で影響を及ぼしていること。

物語の骨子は、天吾の話と青豆の話が交互に語られ、そして二人の物語が徐々にクロスオーバーしていくというもの。村上春樹お得意のパターンですね。性的な話が多くて小学校の娘にはお勧めできませんが、大人が見ると、村上流王道のラブストーリーです。お互い惹かれながら、遠慮していく。まるで韓流ドラマのようなすれ違い。そして、出会い、SEXして、離れていく。しかし、村上春樹の物語は、どうしてSEXを通過儀礼のようにいつも扱うのだろうか?物語の中でいつもSEXは象徴的なイベントとして描かれて、そしてSEXした後の二人は、鳥が巣立つように、ばらばらに新しい道に飛び立っていく。しかし、心はつながっている。そんな感じで捉えています。

ちなみに、天吾の語り口や趣味や行動って、村上春樹に出てくる主人公達と共通のオーラを持っています。村上春樹の性格もあるんでしょうか?よく言えは、村上春樹オーラ全開の小説といえます。それから、天吾は弱く内向きな性格(しかし体は大きくしっかりしている)。いわゆる草食系男子であり、一方、青豆は強い意志を持った女性として描かれています。

村上春樹のまともそうだけどトンデモワールドを演出しているのが「空気さなぎ」とか「リトルピープル」。ネットのレビューでは、今までとは違うという意見も出ていますが、いつもの村上春樹の手法と何ら変わりがないと思います。過去の作品でも不可思議な現象をラブストーリーに取り込んで、現実の中に盛り込んで、最終的に不可思議な現象の理由は説明せずに終わっています。だから、1Q84の文中にある『説明しなくてはわからないということは、説明してもわからないということだ』ということですね。もう、作者はこの説明はしませんよと暗に語っていますから。

Book2の半分で、物語の決着がついたか!と思ったのですが、実は物語の半分もきていないのでは?ということが後半にきてわかってきました。Book2で完結ならエーとぶーたれるところですが、4月16日にBook3が発売されるみたいです。

1Q84 Book3の予約を入れました。今現在、1,995円です。あれだけ売れた本なので、出版後は売り切れ確実だと思いますから、早めに予約した方が良いと思います。




1Q84 BOOK 3
新潮社
2010-04-16
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1Q84 BOOK 3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いろいろな方の1Q84のレビューは、下のリンク先で見ることができます。






1Q84 BOOK 1
新潮社
村上 春樹

ユーザレビュー:
付き合いきれない第三 ...
紙数の無駄かもハルキ ...
代替本なき、唯一の本 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

1Q84 BOOK 2
新潮社
村上 春樹

ユーザレビュー:
面白かった。純粋に。 ...
ふかえりかわいいよふ ...
第3部が楽しみなぜニ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「小説」ブログ

メディア迷宮探検隊 小説のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる